アンパンマンのブロックラボが安全な大きさです

1歳時用のブロックはレゴ?アンパンマンのブロックラボ?

実家に帰った時に幼児用の大きめサイズのブロックがあって、うちの1歳4ヶ月になる息子がそれを組み立てて遊んでいました。

 

本人もどうやらお気に入りらしくて、夢中になって遊んでいたので「そろそろ自宅のオモチャとしてブロックを買うか〜?」と思い立ちました。

 

そこでさっそくリサーチですね。

 

ブロックと言えばやっぱりレゴ?

まずはレゴから当たりをつけました。

 

小さな子供用のは「レゴ デュプロ」というらしくて、「はじめてのデュプロ」として、

  • はじめてセット
  • くるくるカップ
  • かずあそびトレイン
  • ひこうき
  • ケーキ
  • バス
  • とり
  • ロケット
  • あおむし
  • トラックとたべもの
  • くるまとトラック
  • はじめてのトレインセット

などの種類があるようでした。

 

ちなみに対象年齢は1.5歳〜5歳までが設定されています。

 

「これ良さそう!」と思って即決しようと思ったのですが、類似品としてアンパンマンのブロックを発見したので、そちらも調査することにしました!

 

ブロックラボ

 

アンパンマンのブロックラボ

アンパンマンの方は「ブロックラボ」という名前で、

  • バンダイ
  • 日立製作所

が手を組んで作ったという、かなりの渾身作です。

 

ブロックラボの方も種類があって、

  • はじめてのブロックバケツ
  • はじめてのブロックバケツL
  • はじめてのブロックワゴン

となっており、順に入っているブロックの種類と数が増えていくという違いがあります。

 

ブロックワゴン

 

もちろん価格も違って、ブロックワゴンとなると5千円を超えてくるので安くはないですよね。

 

またアンパンマン?

子供用のオモチャと言えばキャラクター物が多いですが、特に多いのがアンパンマンです。

 

我が家でも、ベビー用品と言えば洋服からオモチャまで、いつの間にかアンパンマンが入っている物が増えていっています。

 

ですが、うちの子はまだアンパンマンには興味を持っていなくて、どちらかというと電車が何となく好きなので「きかんしゃトーマス」のアニメばっかり見ています。

 

アンパンマンのアニメをつけると、まったく食いつかず、「あ〜(変えろ!)」と怒られるので、オモチャがアンパンマンなのはどうなのかな?というのは親として微妙な心情にはなります。

 

あと、きかんしゃトーマスの他には「ベネッセのしまじろう」がお気に入りです。

 

とは言え、アンパンマン系のオモチャは伝統と歴史があるからか、質が高いのが多いですし、ジジババや友達がプレゼントとして選ぶのに安心感があって選びやすいからか、いつの間にか増えていくのは仕方がないですね。

 

レゴのデュプロかアンパンマンのブロックラボか?

少し話がそれましたが、結局

  • レゴ デュプロ
  • アンパンマン ブロックラボ

どちらにするか悩みました。

 

大人としては、やっぱりLEGOの方がカッコイイので、そちらを選びたいです。

 

そこで楽天やアマゾンで、口コミをたくさん読んで、実際に使っている人の評判を調査してみました。

 

決め手となってのは誤飲しない安心感

結論から言うと、
「アンパンマンのブロックラボ」
を購入しました。

 

ブロックラボに決断した理由は、ブロックの大きさです。

 

うちの子は、まだ1歳4ヶ月なので、小さい物を口に持っていってしまうことがたまにあります。

 

これまで誤飲したことはないですが、しないとも言い切れない年齢です。
なので、親としては絶対に飲み込めない大きさのブロックを選びたかったのです。

 

そこで、

  • レゴ デュプロ
  • アンパンマン ブロックラボ

を比較すると、ブロックラボの方が一つ一つのブロックが大きくて、ほぼ確実に誤飲できないサイズになっています。

 

サイズが大きいのが決め手

 

レゴの方は誤飲するサイズということではないですが、ブロックラボと比べると一回り小さいです。

 

なので、安心感を重視してブロックラボの方を選びました。

 

実際にどうやって遊んでる?

うちが買ったのは「はじめてのブロックワゴン」です。

 

金額的にはお高かったですが、たくさんブロックが入ってた方が発想が広がったり、右脳をトレーニングするには良いのかな?
と思って、選びました。

 

そこで実際に購入してみて、うちの子がどのように使っているのかを紹介したいと思います。

 

正直なところ、1歳半に満たないので大したことはできません。

 

(1)積み上げる

正方形のブロックが一番扱いやすいみたいで、これをとにかくつなげて高く積み上げています。

 

これが一番本人にとって簡単な遊びみたいですね。

 

もちろん絵柄はまったく認識できないので、写真のようにアンパンマンを完成させたりというのは、まだまだ全然できないです。

 

入っているブロックの種類

 

(2)フタの上に赤いブロックを置く

うちの子はなぜか写真(一番上)に映ってる赤い4つのブロックが大好きです。

 

なので、あれをくっつけたりして遊んでいるのですが、ワゴンのフタの上にハメられるようになっているので、そこに置くのが好きですね。

 

ただ、4つそれぞれ形があって、フタの上にもその形に合わせて置くようになっています。
でも、細かな形までは理解できてないので、とにかくそれっぽく置いています。

 

まだこれはできなかった

まだ色の認識は難しいようで、

  • 黄色

などの紙の上に、同じ色のブロックを置いて見本を見せたりしたのですが、これはまったくできませんでした。

 

1歳半前ですと、まだ色はわからないものなんですね。

 

ブロックラボは買って良かったか?

買ってから2ヶ月くらいが経過して、様子を見ているのですが、1歳半くらいですと、まだまだ使いこなせていないのが率直なところです。

 

それはまぁ当然かとは思いますが、親としてもっと気になるのは「食いつき具合」かもしれません。

 

子供の優先順位的には、どうもそれほど高くはないようです。

 

他に幼児用パズルや図鑑なども置いているのですが、いつもそっちを先に遊んで、それらが飽きたら最後にブロックに行く・・・みたいな感じですね。

 

たぶん、まだ年齢的に遊ぶのが難しいので、それほど食いつきが良くないかと思います。

 

これが2歳くらいになると、また変わってくるとは思いますので、買って後悔しているということはありません。

 

いつか買うものだと思いますので、早めに買っておいて損はないかと思います!