もっと肩楽寝の口コミです

もっと肩楽寝を使って3ヶ月の感想

10年くらい使っていた綿の枕があったのですが、枕カバーを取ると、カビのようなシミのようなものが目立つようになりました。

 

「そろそろ替え時かな・・・」
と思って、枕専門店に行こうかなと思いましたが、私はそれほど枕にこだわる方ではないので、やはり楽天で購入することにしました。

 

もっと肩楽寝

すぐに評判が良さそうな「もっと肩楽寝」を発見!
「医師がすすめる健康枕」というキャッチコピーにも惹かれましたし、口コミも上々でしたので、これを買うことにしました。

 

もっと肩楽寝のブルー

 

購入したのはブルーの高めです。
高めというのは枕の高さのことで、

  • 高め(一般的に男性用)
  • 低め(一般的に女性用)

として選んで買うことができます。

 

ソフトパイプ型

また、「もっと肩楽寝」は、中にプラスチックの小さなパイプが入っているタイプです。

 

パイプ

 

枕の中身には、いろいろな種類があって、好き嫌いもあると思いますので、お間違いのないようにしてください!

 

使ってみて最初に思ったこと

この商品は「快眠ライン」など寝やすい枕であることを宣伝しているので、まずは説明を信じて、高さ調節も何もせずに使ってみました。

 

その結果、高過ぎて首が疲れてしまいました

 

その内に慣れるかな?
と3日間ほど使ってみましたが、3日目の朝方には、ついに枕をどかしてしまったほどです。

 

なので、高さを求めていない方は、そもそも最初から「低め」の方を購入した方が良いかもしれません。

 

パイプを抜いて高さ調節

この枕の良い点は、パイプを抜いて高さ調節をすることが簡単という点です。
私は、一度大量にパイプを抜いても、まだ高かったので、何回か調節を行いました。

 

抜いたパイプはものすごい量だったと思います。

 

カスタマイズ性

枕の上下にパーツが分かれていて、それぞれにパイプが入っています。
上下は中でつながっていません。

 

なので、カスタマイズ性は高いです。
頭のてっぺん側と首側で、自分の好きな高さを実現できます。

 

高さ調節が可能

 

ただ、そのカスタマイズ性の高さが、素人には面倒というか、どこが正解かわからないので厄介に感じることもあると思います。

 

自分は何度か試行錯誤して、今は快適な高さになっていますが、これなら枕の専門店でやってもらえば良かったと思いました。

 

実用性がない点もある

この枕は上下で高さを調節できるにも関わらず、使っているとどちらが上なのか下なのかわからなくなる・・・
という欠点があります。

 

もちろん使っている枕カバーのデザイン次第ですが、上下の見分けがつかないデザインだと少し苦労すると思います。

 

枕カバーの中の本体の方には、
「こちらを首側にしてお使いください」
と書いてあるのですが、いちいちカバーを開けて見なければいけないという面倒さが付いてきます。

 

向きがわかりづらい

 

まとめ

  • デフォルトの高さが高すぎる
  • カスタマイズしないと寝づらい
  • 枕の向きがわかりづらい

など、あまり利用者のことをシッカリと考えて作られた商品ではないなぁ・・・と私は思ってしまいました。

 

もちろん高さを調節してからは、寝心地などに不満はありません。
使いこなすまでに、若干、時間が必要かなと思います。