ラウリル硫酸ナトリウムが入っていない歯磨き粉

まだラウリル硫酸入りの歯磨き粉使ってるの?

歯磨き粉もラウリル硫酸ナシにしよう!

 

シャンプーでは、超強力な洗浄成分であるラウリル硫酸ナトリウムが入ってないものに切り替えている方が増えてきていますよね。

 

私は「ラウリル・ラウレス」のことを知ってから、大手の日用品メーカーのことは一切信用しなくなりました。

 

さすがに食器用洗剤などでは問題ないですが、頭皮や顔をあんなに強い洗浄剤でもって、長い年月洗わされていたとは・・・

 

消費者を舐めきっていますね。

 

我が家では、一通りラウリル・ラウレス商品は切り替え済みだと思っていたのですが、まだ意外な盲点が残っていました。

 

それが歯磨き粉です

ドラッグストアで売られているような、一般的な歯磨き粉には、やはり入っていました。
はい!ラウリル硫酸ナトリウム

ラウリル硫酸ナトリウム入り

 

一説によると、歯磨き粉の成分にラウリル硫酸などの強い洗浄剤が使われていると、それに対する防御反応として舌苔が濃くなりやすいという意見もあるようです。

 

実は私も舌苔のことを調べていて、歯磨き粉にもラウリル硫酸ナトリウムが入っているということに気がついたんですよね。

 

フッ素もNG

あと、海外では「フッ素」を使用することを禁止している国もあるようです。

 

ですが、日本の消費財メーカーは、テレビCMで「フッ素配合!ドヤッ」とやっているくらいですから、人体に有害な可能性もあるというようなことは一切主張したくないみたいですね。

 

なので、歯磨き粉を探す時には、

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • フッ素

この両方が成分に入れられていないものを探すことにしました!

 

そして楽天さんで見つけたのがコンビタ社のアピセラ歯磨きです。

 

アピセラ歯磨き

コンビタ社の歯磨き粉

 

年間売上28万本で、口コミも100件以上投稿されていますので、やはり皆、より安全な歯磨き粉を求めているのだなぁと思いました。

 

マツキヨなどで買える200円くらいの歯磨き粉と比べると、値段は高くなってしまいますけどね。

 

ちなみにアピセラ歯磨きの原産国はニュージーランドで、成分は、

  • 炭酸Ca
  • グリセリン
  • キシリトール
  • グルコシド
  • カラギーナン
  • カンゾウ根エキス
  • プロポリスワックス
  • ハッカ葉油
  • メントール
  • スペアミント油
  • ティーツリー葉油
  • 銅クロロフィリンNa
  • キサンタンガム
  • マルトデキストリン

となっています。
ラウリル・ラウレス・フッ素の文字は見当たりません!

 

使った感想

色は茶葉のような緑色です。

 

味は美味しかったり、シュワっとするような感じではありません。
どこか素っ気ない味ですね。

 

なので小さな子どもは苦手かもしれません。
大人だったら、まったく問題ないと思います。

 

オーガニック系にありがちな泡立ちが悪くて磨きにくい・・・
というようなこともなく、特に困ることなく既存の歯磨き粉から切り替えられると思います!

 

ぜひ一度試してみてください!