母の日のプレゼントはもちろん楽天で準備!

母の日ギフトを楽天で悩まず決めるコツ

毎年困る!母の日のプレゼント

母の日ギフト

 

うちの夫婦は、どちらの親の誕生日も完全スルー(還暦祝い除く)なので、せめて母の日だけは何か贈ってあげています。

 

ですが、毎年あるので段々とネタ切れ
「もう今年は何をあげようかな?」なんて、毎年困っています。

 

そこで楽天で母の日ギフトを悩まずに決めるコツが役に立ってきます!

 

コツ1
楽天の色々なショップを見るとヒントやアイデアが貰えるので、とにかく楽天見ながら色々と考えるのが基本だと思います。

 

この時に、
「本人が喜んでもらえるものがイイ」
というのは理想なのですが、実は母親の趣味や性格から考えようとすると、本人にもコダワリがあるので逆に大変なんです。

 

それに、自分の母親だとしても、趣味のことまで知っているほど詳しいでしょうか?
なので「とにかくあげるという気持ちが大事!」と割りきっちゃいましょう!

 

そして定番のものとか、文句の出なさそうなものをスパっと選ぶことが、時間と労力をかけないポイントだと思います。

 

また、楽天で購入すると指定日発送ができるので非常に便利です。
悩むのは購入が完了するまでで、後は忘れてしまえるのが助かります。

 

コツ2
これは私がある年に成功したパターンですが、こちらはきちんとしたリサーチですね。

 

お正月は実家に帰る方も多いと思いますが、そこで色々と情報収集しておくんです。

  • 本人からさりげなく聞く
  • 父親に聞いてみる
  • 家を見渡して古くなっている物を探す

 

私の場合は「ヤカンが以上に汚い!」ということに気がついて、その年はヤカンをプレゼントしました。

 

もしかしたら、母親が自分でヤカンを買い直している可能性もゼロではないですが、ここ5年は同じものを見ている中で、もしそうなったら運が悪かったと諦めるしかないですね。

 

嫁の立場である自分の奥さんからは、後で「私に恥かかせないでよ!」と怒られるかもしれませんが笑

 

 

注意点
母親世代(今の50〜70歳くらい)というのは、けっこう酷いこともします。
特に、お嫁さんがお姑さんのプレゼントを選ぶ時は気をつけましょう!

 

例えば、うちでしたら、お義兄さんの奥さんが、お義母さんにプレゼントした「お菓子や梅干しやお茶セット」が、お義兄さんの妹である私の奥さんの元に、裏ルート(笑)で回ってくることが年に1回はあります。

  • 好きじゃないお菓子だった
  • 梅干しが無添加じゃなかった
  • お茶が美味しくなかった

などなど、理由は色々ですが、年だからか、女同士の関係性からなのかわかりませんが、「せっかく貰ったから頂こう」みたいな意識は薄いというか無いみたいです。

 

なので

  • 食品、飲料、お菓子
  • キッチン用具(女性はコダワリを持っている人が多い)

など地雷の気配を感じたら、避けた方が無難かもしれません。

 

一番良いのは、可能であれば、それぞれの家のものは各子供が責任を持って選ぶことだと思います。

 

母親は自分の子供(特に息子)の場合は、あまり文句を言わない場合が多いですよね。

 

 

ここ数年の母の日にプレゼントしたもの(参考)

同じ「母親」にプレゼントするものなので、何かヒントになることもあるかと思いますので、私がここ数年の母の日にあげたものを紹介したいと思います!

 

カーネーション

定番のカーネーション

最悪、困ったらコレでOKでしょう!
結婚してから一年目でしたら、まだ新鮮さがありますから、両家の母親に揃ってカーネーションを贈るのは無難で間違いがないと思います。

 

楽天では、カーネーションのセットや、ドライフラワーなんかも豊富なので、色々と探してみてください!

 

 

フェイスパック
韓国旅行のお土産として、フェイスパックをあげたら喜んでいたので、それに便乗して、もう一度プレゼントしました。

 

これもコツ2のリサーチ編で紹介した「ヤカン」と同じパターンと言っても良いと思います。

 

ヤカン
上で登場したヤカンです。

 

 

バウムクーヘン
食べ物は確かに好き嫌いがありますが、どうしても美味しそうなバウムクーヘンがあったので贈ってあげました。

 

焼き菓子セット
意外とお菓子贈ってますね。
焼き菓子セットで色々と入っているものであれば、あまり文句も出ないかもしれませんね。

 

とはいえ、その後、本人たちが食べたのかどうかは定かではありません。

 

以上、実際に贈ってきたものを紹介してきましたが、これにご自分の情報を掛け合わせて、良いアイデアを思い浮かべてくださいね!

 

 

【まとめ】
「コツ・注意点・事例」と色々紹介してきましたが、ただでさえ忙しいのに、あんまり悩みすぎるのは良くありません!

 

母親が一番欲しいのは「母の日にプレゼントをしようとしてくれる気持ちです!」
と割りきって、あまり悩まずサクッと決めちゃいましょう!