ダイソンのホット+クールのレビュー

ダイソンHot+Coolを一夏使ってみて

2015年夏を迎えるにあたって、扇風機が1台必要になりました。
普通に安いモノを買っておけば良いのですが、探しているうちにどうしてもダイソンが欲しくなってしまいました。

 

ちなみに我が家の掃除機は10年使っている三菱のものです。
オシャレなダイソン製は使ってません。

 

なので初ダイソンデビューしてみたかった・・・
というのもあります。

 

Hot+Cool AM09

ダイソン扇風機にも、いくつか種類があるようで、私が買ったのは「Hot+Cool AM09」というものです。

 

ホット+クール

  • 夏は扇風機と同じ風邪
  • 冬は温風

と1台二役の便利商品です。

 

あと、とにかくオシャレですね。
普通の扇風機と比較して、部屋での存在感がまったく違います。

 

ルンバと同じように、いるだけで少し幸福感を感じられる、本当に新たなステージにいる家電の一つだと思います。
アップル、ダイソン、ルンバ・・・

 

日本メーカーは、細かな性能に拘って、時代を読めていないですね。
おっと話がそれました。

 

まだ冬は越してないので、夏のみの感想なのですがレビューを書いてみたいと思います!

 

角度を変えたり、首振りもできる

まず簡単な機能的なことですが、よくある扇風機と同じように、

  • 縦方向の角度調整
  • 横の首振り

はできます。

 

縦横の動き

 

ただ、元からの背が低いので、少し小ぶりな動きには感じますね。

 

扇風機としての実力

こんなこと言うのは何ですが、普通に風に当たりたいだけなら、普通の数千円の扇風機の方が扱いやすいですね。

 

ダイソンは操作がやや煩わしいので、本当にオシャレ価格込みですねぇ。

 

価格

お値段は、かなり高めでした。
夏冬使えるとは言え45000円ほど。

 

ハッキリ言ってダイソンというブランドが無ければ、ここまでは出せませんね。
また機能的に見ても、ちょっと高すぎるかなという印象です。

 

温風は季節の変わり目に便利!

2015年の夏は、前半猛暑だったのですが、8月後半から急に秋になってしまいました。

 

その時に半袖でいたりすると、ものすごい寒かったのです。
そこで、試しにダイソンを温風に切り替えてみると「あったかいんだからぁ♪」

 

暖房器具を出すまでもなく、温風を出せるのはものすごく便利ですね。
真冬では能力的に厳しいですが、春・秋の季節の変わり目には活躍してくれそうです!

 

デザイン的に羽根にホコリがたまらないのは快適

普通の扇風機のデメリットの一つが羽根のお掃除の面倒さですよね。
ただし、ダイソンの場合は、羽根がそもそも無いデザインなのでお掃除は周りを拭いてあげるだけ

 

これはしまう前のお掃除の時に便利だなと思いました。
「夏が終わっているのに、掃除が面倒で扇風機出しっぱなし!」というのが無くなりますね。

 

リモコンの操作性がイマイチ

ダイソンの一番大きなデメリットがリモコンの操作性ですかね。

 

リモコン

 

  • 青が送風
  • 赤が温風

なのですが、青を二回押すと温風に切り替わっちゃうとか、変な操作性なんですよね。

 

そもそも夏は送風しか使わないので、OFFする時に、青のボタンを押して消そうと思ってしまうんですよ。
そうすると消したと思ったら、いつの間にか温風に切り替わってたりして・・・

 

「余計なことしてくれたなぁ」という印象です。

 

あとリモコンはマグネット製になっていて本体に貼り付けられうのですが、それが弱くて、いつの間にかポロッと落ちちゃったりするんですよね。

 

そこのクオリティがイマイチですね。

 

夏のまとめ

ただ、全体的にはオシャレなんで、それらのデメリットは我慢できちゃうかな!
というのが今のところの感想です。

 

覚えていたら温風を使ってみたレビューも書きたいと思います!