レミパンとクミーチェの違い、比較

レミパンじゃなくてクミーチェでイイんじゃない

レミパン vs クミーチェ

クミーチェ

 

一人暮らしや結婚をして、初めて自分でフライパンを買う時レミパンって憧れますよね。

 

デザインも可愛いし、機能性もあるし。

 

私たち夫婦も、結婚して初めて買ったのはレミパンだったし、それから3年くらいはずっと便利に使い続けていました。

 

ですが、毎日のように我が家で活躍してくれたレミパンにもついに寿命がきて「いつ底が抜け落ちるか?」みたいな状態になってしまいました。

 

そこで買い替えの検討です。

 

前回は結婚したての勢いもあって値段とかあまり気にしませんでしたが、よく見たら結構高い!!

 

24センチのサイズで1万500円!

 

でも、楽天内のショップで探せば税込・送料込みで6千円台もあって、まぁいいかな?なんて思っていたところ、見つけてしまったのがクミーチェでした。

 

 

クミーチェとは?

名前で何となく想像つく方もいるかと思いますが、森公美子さんがプロデュースしたフライパンです。

 

定価は6300円ですが、楽天で探せば3千円台で買えちゃいます。
レミパンの半額です。

 

もう、この時点でグラグラ心が揺らいできてしまって、結局「レミパンは3年以上も使ってきたし、気分転換に違うのを買ってみよう!!」と思って、クミーチェを買ってみました。

 

使ってみた感想は?

実際に使ったレビュー

 

今、この文章を買いている時点で、クミーチェ歴1年半くらいなのですが、結果的には「何も変わらないので安いクミーチェの方で良かったね。」という結論が夫婦内で出ています。

 

「何も変わらない」
というのは正確ではないのですが、その差がむしろ良かったり、あんまり気にならない差だったので、結果的にはクミーチェOKという結論でした。

 

 

具体的に「レミパンと違った点は?」は何かというと、大きく3点ありました。
以下、比較していきます。

 

(1)値段はクミーチェが安い。レミパンの半額
これは既に書きましたが、楽天の最安価格同士で比較すると、クミーチェはレミパンの半額で買えちゃいます!

 

(2)サイズはクミーチェの方が使いやすい
レミパンもクミーチェも「24センチ」というサイズ表記だったので、同じ大きさかと思ったら、クミーチェの方が一回り小さいサイズでした。

 

おそらくレミパンが24センチとするなら、感覚としてクミーチェは22センチです。

 

最初は「何だよ、小せぇよ、サイズはしっかり書けよゴルラァ!」と思いました。

 

ですが、日々使っているうちに、
「こっちのサイズの方が調理しやすいし、洗いやすいし、イイじゃんっ!」
に変わっていきました。

 

それまでレミパンしか使ってなかったので気づかなかったですが、夫婦2人にしては大きすぎるサイズだったみたいです。

 

なのでサイズとしては、クミーチェで一回り小さくなって結果オーライでした。

 

その後、レミパンでも「ピコレミパン」という、小さめサイズが登場したようなので、次はクミーチェvsピコレミパンでもやってみるかもしれません。

 

 

(3)上蓋の蒸気を逃す弁はレミパンのみ

蒸気を逃す弁は無し

 

レミパンには上蓋に賢い機能が付いていて、蒸気が逃がせるようになっていました。
ですが、クミーチェにはその弁が付いていません。

 

最初は「あの弁ないのか〜」と思いましたが、気がついたら忘れていました。
この間、サツマイモを蒸かす時に少し思い出したくらいです。

 

なので、無ければナイで我が家では済んでいます。

 

 

「レミパン欲しいけど、高いからどうしよう?」
とお悩みの方も多いと思いますが「我が家ではクミーチェでイイんじゃない」という結論になっていますので、参考になれば幸いです!

 

あとは念のため楽天の口コミ等も参考にして判断してみてくださいね!